p3

From:山田剛史

手技療法には、
さまざまなやり方がありますね。

カイロプラクティック

トリガーポイント療法

オステオパシー

鍼灸、などなど。

知らないことが、
まだまだたくさんあります。

もう少し知識をつけようと思いカイロプラクティックの
アプライド・キネシオロジーについて調べてみました。

 

アプライド・キネシオロジーを使えるようになると、

 

筋肉の強度を検査して、
症状の原因がはっきりわかります。

腰痛、肩こり、などの症状の、
根本的な原因を明らかにできるようになります。

施術する部位がはっきりわかるので、
患者さんを改善に導く確率がぐっと上がります。

 

アプライド・キネシオロジーは…

カイロプラクティックのテクニックの1つです。

1964年にジョージ・グッドハートDCが開発しました。

今なお、進化し続けているそうです。

グッドハードD.C.は、かなりの勉強家で
鍼灸やオステオパシーなど、さまざまな療法の論文を読み漁り、
良いと思った手技はどんどん臨床で試し、
良かったものだけを取り入れました。

そして、出来上がったのが、
アプライド・キネシオロジーなのです。

さまざまな療法の良いとこ取り、
と言えるかもしれませんね。

海外では、このアプライド・キネシオロジーを
カイロプラクターや医師も使用しています。

確立された技術ですね。

 

アプライド・キネシオロジーはどんなことをするの?

 

アプライド・キネシオロジーの筋力テストで
機能が低下している部位を見つけます。

しかし、筋力をみているわけではなく、
神経が筋肉の機能をしっかり促進しているか、
抑えられているのか見ています。

先生もご存じの通り、筋力テストをすると、
機能が発揮されていない筋肉が見つかりますよね。

その部位の筋力が元通りの機能を発揮できるようにしてあげます。

すると、症状が良くなっていきます。

元の自然治癒力があがり、
グングン体調が良くなっていきます。

 

腰痛や肩こりの施術で、思った結果がでない…

 

いつもの施術でなかなか改善しない場合があるかもしれません。

それは体のさまざまな部位が、お互いに引き合うことで、
症状を引き起こしているケースがあるからです。

アプライド・キネシオロジーは全身から評価できるので、
機能が落ちている部位をはっきりとさせることができます。

患者さんに一定の筋力テストをするので、
経験や技量、そして感性は必要ありません。

つまり、アプライド・キネシオロジーが使えると
どの部位が原因なのかが短時間でわかり、
適切な部位にアプローチができるので
症状改善の確率がアップするわけですね!

 

P.S.

膨大な施術経験をもとに

「アプライド・キネシオロジー」を、

よりシンプルに体系化したテクニックで
抜群の結果をだしている施術家がいます↓